「九州旅客船協会連合会」のホームページへようこそ!!

専用ログインは、会員様向けの情報ページになります。IDとパスワードをご入力の上、閲覧して下さい。
※一般の方は閲覧できません。
  九州旅客船協会連合会
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-10-13
芙蓉ビル 3F (JR博多駅筑紫口から徒歩約5分。福岡合同庁舎新館駐車場側)
         TEL.092-403-6100
         FAX.092-403-6101
313048
qrcode.png
http://kyushu-ships.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

トップページ

 

会員様向け情報のお知らせ(専用ログインが必要)

会員様向け情報のお知らせ(専用ログインが必要)
 
一般旅客定期航路事業の経営実態調査結果について
2017-07-28
(一社)日本旅客船協会が今年4月に実施しました、一般旅客定期航路事業の経営実態調査結果がまとまりましたので報告します。(調査対象82会員中、67会員が調査表提出)
(調査結果は会員様情報の関係資料にも掲載中)
 
 
地域公共交通確保維持改善事業費補助金交付要綱及び実施要領の一部改正について
2017-06-16
2017-06-09
 
平成29年6月9日、地域公共交通確保維持改善事業費補助金交付要綱及び地域公共交通確保維持改善事業実施要領の一部が改正されました。(国庫補助航路事業者へ通知)
◎改正概要等
1.平成30年度離島航路確保維持計画認定申請の作成にかかる留意点 
①実績収益(26~28年度)が3年連続増加している航路にはインセンティブがあたえられます(補助金を最大3%増加)。
②26~27年度の2カ年の平均実績収支率と28年度(直近年度実績収支率)と比較して、10%以上低下させている航路に対しては、ディスインセンティブがあたえられます(補助金を最大10%削除)。
③10%以上収支率が低下している航路及び30年度の見込収支率が前年度より低下している航路は、経営改善計画をたてて航路損益計算書を再提出いただきます。
②③については、「やむを得ない理由」の場合は、除かれます。
2.平成30年度離島航路確保維持計画認定申請の作成にかかる留意点
①航路損益見込計算書の算出にあたっては、原則、3カ年(26~28年度実績)平均を使用いただきます。
②3カ年平均を使用しない場合は、計算書の備考欄に理由を記載し、算出根拠や計算方法を明確にしておくことが必要です。なお、備考欄に記入できない場合は、別紙(任意様式)により記載いただきます。
詳細については、交付要綱(第30条第3項に新設されました。)及び実施要領(「(2)離島航路に係る確保維持事業」の中に新設されました。)を参照。こちらをクリック。
 
平成29年度理事会及び総会が開催されました
2017-05-29
平成29年5月25日に福岡市のホテルセントラーザで平成29年度理事会・総会が開催され、全議案が承認されました。本総会では、連合会役員の補選(理事・監事・専務理事)、日旅協理事・評議員候補者の推薦が審議され、原案通り承認されました。
会議資料(議案資料参考資料)は会員様向け情報ページ(その他)に掲載。資料をクリック。
 
旅客船のバリアフリー優良事例集について
2017-04-10

・2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機として、障害のある方や高齢者の方も快適に過ごせる社会の実現に向けて、政府全体でも交通インフラの整備等の取組が進められています。この度開催された「ユニバーサルデザイン2020関係閣僚会議」において、「ユニバーサルデザイン2020行動計画」が決定されました。

・同行動計画では、旅客船全体のバリアフリー化を推進するため、旅客船のバリアフリー優良事例を収集し周知すること等が記載されたのを受けて、国土交通省海事局内航課から資料提供がありましたのでお知らせします。

 
平成29年度訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策補助金説明会資料について
2017-03-31

・3月17日、観光庁主催の「平成29年度訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策補助金の説明会」が、九州運輸局において開催されました。

・訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業は、外国人旅行者が快適で円滑な移動や滞在ができ、快適な観光を満喫できるための環境整備を図るためです。訪日外国人旅行者のストレスフリーな移動・滞在の実現等の平成29年度補助金予算案は、前年度に比べ6%増の85億5千万円となっています。

・国内移動のための二次交通である旅客航路事業者が、外国人旅行者に交通サービスの利便を向上させるために、多言語化(ホームページの内容、案内所の内容、船内放送の内容)やWi-Fi整備等を計画されている会員は、HPの掲載資料(資料3(交付要綱)P12、資料4(実施要領)P4)を参考にされ、事業を計画される場合は九州運輸局旅客課(092-472-3155へお問い合わせ願います。(手ぶら観光関係は環境・物流課(092-472-3154))

・なお、多言語化(ホームページの内容、案内所の内容、船内放送の内容)やWi-Fi整備等はHPの掲載資料1-①及び資料1-②を参照願います。

・応募要領は3月31日、観光庁から次のとおり発表されました。

  http://www.mlit.go.jp/kankocho/news08_000236.html

 

 

連合会HP掲載資料(8資料)

 1 訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業補助金について(30枚)

 1-①応募要領案(観光案内所)(20枚)

 1-②応募要領案(観光拠点情報・交流施設)(25枚)

 1-③応募要領案(公衆トイレ)(21枚)

 2 てぶら観光補助金について(3枚)

 2-①応募要領案(手荷物)(21枚)

 3 補助金交付要綱(29.3.15)(42枚)

  4 補助金実施要領案(29.3.15)(29枚)

 

 
障害者差別解消法について
2017-03-22

平成29年3月21日、九州運輸局主催の障害者差別解消法セミナーが同局で開催されましたので、配付資料を掲載します。

・同法は、昨年4月1日から施行されており、障害者に対する不当な差別的取扱いの禁止と合理的な配慮を行うことが求められています。特に交通事業者である会員の皆様は、同法の趣旨をご理解いただきますようお願いします。

・配付資料①障害者差別解消法の「3.国土交通省所管事業向け対応指針」(p15~p23)に記載されている内容の「障害を理由とする不当な差別的取扱い及び合理的な配慮の考え方の理解」、「相談体制の整備」、「社内の研修・啓発」は、特に取り組まれますようお願いします。

・なお、参考資料として、旅客船業の対応指針、交通エコロジー・モビリティ財団の冊子「障害者差別解消法」と国土交通省作成の「障害のある方とのコミュニケーションハンドブック」も掲載していますので参考として下さい。

 

【配付資料】

 ・配付資料① 障害者差別解消法(23枚)

 ・配付資料② 参考資料(17枚)

【参考資料】

 ・旅客船業の対応指針(13枚)

 ・障害者差別解消法(交通エコロジー・モビリティ財団冊子)(16枚)

 ・障害のある方とのコミュニケーションハンドブック(国土交通省作成)(改定版) 

 
九旅連だより83号を発行しました
2017-03-10
平成29年3月10日付の九旅連だより83号を発行しました。主な掲載内容は、平成28年度第3回理事会、安フェリー火災関係の全運航通達、年末年始輸送安全総点検の実施、船舶燃料油の硫黄酸化物(SOx)の規制強化など。九旅連第83号
 
危険物運送勉強会資料(29.2.28開催)
2017-03-06
平成29年2月28日に開催されました危険物運送勉強会(航路事業者・荷送人対象)が今年も開催されましたので、九州運輸局から説明会で配付された資料の提供がありました。
資料②は荷送人へ配付していただきますようお願いします。
 
 
平成28年度第3回理事会資料を掲載しました(その他覧)
2017-01-13
平成29年1月12日に福岡市のソラリア西鉄ホテルで平成28年度第3回理事会が開催され、全議案が承認されました。会議資料 (議案書参考資料)は会員様向け情報ページの「その他」に掲載しています。
資料をクリックしてください
 
船舶基準セミナー配付資料について
2016-12-26
平成28年12月15日、福岡市において開催されました(一財)日本船舶技術研究会主催の船舶基準セミナー「船舶からの大気汚染防止基準(NOx、SOx規制)への取組」の配付資料を掲載しましたので、ご覧ください。
○ 目 次
                                  以上
<<九州旅客船協会連合会>> 〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-10-13 芙蓉ビル 3F TEL:092-403-6100 FAX:092-403-6101