「九州旅客船協会連合会」のホームページへようこそ!!

専用ログインは、会員様向けの情報ページになります。IDとパスワードをご入力の上、閲覧して下さい。
※一般の方は閲覧できません。
  九州旅客船協会連合会
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-10-13
芙蓉ビル 3F (JR博多駅筑紫口から徒歩約5分。福岡合同庁舎新館駐車場側)
         TEL.092-403-6100
         FAX.092-403-6101
305602
qrcode.png
http://kyushu-ships.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

トップページ

 

会員様向け情報のお知らせ(専用ログインが必要)

会員様向け情報のお知らせ(専用ログインが必要)
 
九州長距離フェリー協議会において安全講話が開催されました
2016-10-04
平成28年9月26日(月)福岡市において平成28年度九州長距離フェリー協議会が開催されました。
会議に先立ち、九州運輸局海上安全環境部長 加藤隆一氏から、「荒天時及び火災の安全対策について」講話がありました。配付された資料は安全運航に役立つ内容でありますから、講師からホームページ掲載の許可いただきましたので、会員の皆様の安全教育にご利用願います。
内容は、①フェリーの安全対策、②異常気象の備え、③危険物の安全対策、④旅客船損傷時復原性基準の強化となっています。 (安全講話資料・縮小版
 
 
平成28年度国庫補助航路実務担当者会議開催されました
2016-09-16
平成28年9月6日、平成28年度国庫補助航路実務担当者会議が九州運輸局と共催で開催されました。会議には、実務担当者、九州運輸局、各県、関係市の担当者ら86名が参加しました。本会議は、平成23年4月にスタートした新しい補助制度(地域公共交通確保維持改善事業)をより理解するために、平成24年度から毎年開催されています。
会議では、九州運輸局から、会計検査院の実地検査時に指摘が多かった航路損益見込計算書の算出方法、離島航路確保維持計画認定申請書作成時の留意事項、地域公共交通確保維持改善事業申請マニュアル改訂版、補助金交付申請作成時の留意事項などについて説明がありました。各県からは、各地域協議会の運営について報告がありました。  (会議資料)
 
 
九旅連だより82号を発行しました
2016-08-23
九旅連だより82号(28.8.25)を発行しました。連合会の平成28年度通常総会、第1回、第2回理事会、日旅協の通常総会、竹永会長藍綬褒章受章、九州運輸局の人事異動及び人物紹介、新船紹介等を掲載しています。 九旅連だより82号
 
津波避難マニュアルの簡略版「津波対応シート」について
2016-07-27
小規模事業者用の津波避難マニュアルの簡略版「津波対応シート」及び「記入要領」です。
 
 
一般旅客定期航路事業の経営実態調査結果について
2016-07-20
(一社)日本旅客船協会が今年4月に実施しました、一般旅客定期航路事業の経営実態調査結果がまとまりましたので報告します。(調査対象82会員中、72会員が調査表提出)
(調査結果は会員様情報の関係資料にも掲載中)
 
 
車両火災消火実験等の動画(短縮版)について
2016-06-15
- 4月1日に掲載しました、フェリーの火災対策(消火プランの作成手引き・フェリー火災対策)に関連して、国土交通省・九州運輸局から、映像(DVD)の提供がありましたので、短縮版を掲載しました。
 
●先ず、映像資料概要の説明(添付PDF4枚)を読んでください。次に9本の動画をご覧ください。
・以下映像9本。①冷凍車両の燃焼実験(9:34)、②冷凍機ユニット火災を粉末消火器で消火(2:39)、③冷凍機ユニットをアプリケーターノズルで消火(2:07)、④冷凍車両火災を粉末消火器で消火(短縮版)(1:48)、⑤冷凍車両火災をアプリケーターノズル、粉末消火器で消火(短縮版)(1:41)、⑥冷凍車火災をアプリケーターノズル、スリーポジションノズルで消火(短縮版)(3:14)、⑦冷凍車両火災をアプリケーターノズル。スリーポジションノズルで消火(短縮版)(2:06)、⑧ 冷凍車両火災をCAFSで消火(短縮版)(3:03)、⑨海上災害防止センターが実施している訓練、
 
 
平成28年度第1回理事会・総会資料を掲載しました。(その他欄)
2016-05-30
平成28年5月26日に福岡市のホテルセントラーザで平成28年度理事会・総会が開催され、全議案が承認されました。本総会では、役員改選、熊本地震被災者支援の義援金が審議され、原案通り承認されました。
会議資料(議案資料参考資料)は会員様向け情報ページ(その他)に掲載。資料をクリック。
 
フェリーにおける火災対策について(28.4.1)
2016-04-01
平成27年7月、北海道苫小牧沖で発生しましたフェリーの火災事故を受けて、国土交通省が「フェリー火災対策検討委員会」を立ち上げ検討を行った結果、消火プランを作成すること、消火訓練・操練を行うことがまとめられ、消火プラン作成の手引きが承認されました。
平成28年3月に関係の通達が発出され、限定沿海区域を除く沿海区域以遠を航行する、5000トン以上、閉囲された車両甲板を複数有するフェリーを運航する事業者(九州管内4事業者)は、消火プラン案を作成すること、消火の教育訓練実施計画案を策定すること。これらの内容案を含めためた安全管理規程の変更案を今年中まで提出し、運輸局の審査確認を経て年度末までに正式な安全管理規程変更届出を提出するよう指示されました。 その他のフェリーについても同様な内容をできるだけ早期に措置するよう求めています。「消火プラン作成の手引き」「フェリー火災対策」を参考資料(PDFファイル)に掲載しています。
 
九旅連だよりNo81を発行しました
2016-03-25
九旅連だよりNo81を発行しました。平成27年度第2回理事会、安全運航通達、年末年始輸送等の安全総点検、旅客船乗組員安全運航研修会、新船紹介などが掲載されています。(表紙~p11p12~最後
 
危険物の個品運送に係る資料(28.2.19)
2016-02-19

九州運輸局船舶安全環境課から、危険物の荷送人を対象とした勉強会資料の提供がありましたので、HPのPDF欄に資料を掲載します。資料によりますと

・船舶による危険物の運送は原則禁止されている。しかし関係法令の手続きを行えば運送は可能。

・関係法令は、船舶安全法、危険物船舶運送及び貯蔵規則(危規則)、船舶による危険物の運送基準等を 定める告示(危告示)、船舶による放射性物質等の運送基準の細目等を定める告示など。

・なお、危険物の容器が空であるから非危険物とは認められない。容器の洗浄と荷送人の確認が必要。

・危険物であるかどうかわからない場合は個体にある国連番号で照会可能。

・照会先は、九州運輸局船舶安全環境課(電話092-472-3174)

・この他、危険物運送に係るものとして、運送約款の危険物の運送引き受け関係、安全管理規程・作業基準の扱いの規定が関係します。

<<九州旅客船協会連合会>> 〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-10-13 芙蓉ビル 3F TEL:092-403-6100 FAX:092-403-6101